こうした手法でひとたび理想の間取りプランを用意すれば…。

多くの場合資料請求する時の方法は、各社の住宅展示場に直接行って手渡される他に各社が開設しているセールス用の公式サイトや、まとめて資料請求できるサイトを試すといったテクニックがあります。
ダイレクトセールスを回避したい人は、「電話・訪問での営業はお断りします」などと近寄るなオーラを出しまくってからガードを固めて資料請求すれば、注意書きをしないよりも直接アプローチされる危険度はごく少なく抑えられます。
資料請求を一気に出来るサイトはファーストインプレッションは慣れないと使いにくいように思われることもありますが、ポイントを押さえておけば意外とユーザーライクなユーザーの味方なんです。
タウンライフ家づくりのサイト上で資料を依頼すると、自分で用意した理想の間取りをプロの手で作り直してくれて、予想される見積りまで作成費用なしで引き受けてもらえる役立つサービスが使えます。
こうした手法でひとたび理想の間取りプランを用意すれば、試したいメーカーそれぞれに毎回間取りの構想を最初から教えるムダな苦労を防ぐことが出来ます。

それに加え、サイトで頼んだ間取りサンプルや費用見積もりは内容が保証されるわけではないので、最後の仕上げに各社でヒアリングを受けながら確実なものに絞り込む必要があります。
一括資料請求サイト上で資料請求を申し込むと、各メーカーで置かれている営業担当者の判断で資料が送られることになるのですが、この時送られてくる資料のセットの内容は異なる場合があります。
株式会社LIFULLが運営する「ライフルホームズ」は、希望する予算や詳しい間取り、住環境性能、得意とするデザインなどで良きパートナーになってくれる相談先を厳選して検索出来るのが秀逸。
一社ずつの手間が省ける一括資料請求サイトは、日本各地のハウスメーカーから自分の街の施工業者までバラエティ豊かな企業のデータがオールインワンでまとめられており、検討候補に入れておきたい会社の資料を得られます。
ダイレクトに各社の展示場へ行った時も対応した営業スタッフが担当者に自動的に決まる割り当て方式が一般的ですが、その場合でも後で願い出れば別の担当者に変更してもらうことも出来ます。

資料請求を実際に行うメリットとして、資料の準備の良し悪しや送付にかかるまでの時間、作業の丁寧さなど、家づくり希望者をエスコートする営業スタッフの業務姿勢も垣間見ることが出来るので上手に利用しましょう。
ポストに届く資料でよく見るパターンは、会社の説明が書かれたメーカーカタログや要約された家のメリットを訴求する家PR用のパンフレット、間取りのイメージサンプルや自社で手掛けた住宅の紹介などの4種セットが多いようです。
展示場にせよ公式HPにせよそれなりの労力がだけに留まらず、不確定な検討段階から否応なく電話セールスや訪問など直接的なセールスでグイグイ来られてしまうところがマイナスです。
名前を知られたハウスメーカーの登録も押さえていますが、目立つ特徴としては地域ごとの有名ではない工務店にもクローズアップしている一括資料請求サイトの大穴的な存在と言えます。
サポート姿勢が丁寧なハウスメーカーでは、直筆のコーポレートメッセージをさりげなく添えてくれる嬉しいケースもあるので、そうしたポイントでその会社の担当者の人柄や対応姿勢を察せられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました