さらにもう一点…。

ハガキ送付やFAXなどからもメーカーカタログを請求することは出来ますので、時間が空いた時にカタログを収集しつつ情報収集しておけば、スピーディーにハイリターンな情報をコンプリート出来ます。
サイトで出来る一括資料請求は好き好きの印象が書かれていることは否めませんが、会社のデータを手に入れることにおいては必要不可欠で合理的な手法です。
さらにもう一点、サイトで出された仮の間取りプランや見積り費用が内容が保証されるわけではないので、その後に各住宅メーカーでヒアリングを受けて希望に沿った形に仕上げなくてはなりません。
申し込み画面の特記事項などの入力欄に「資料送付以外の直接の営業行為は今は必要としていませんので、ご遠慮ください。」と断りを入れておけば、ユーザーに寄り添ってくれるメーカー担当者は営業せずに資料だけを送るにとどめてくれるのです。
この防衛策をやってみて距離を置き、それでも無神経に忌み嫌うべき直接営業をしてくる企業は文字が読めない担当者なので、悪質と断定するためのサンプルとして有効活用して差し上げましょう。

さらに便利なのは、ハウスメーカーそれぞれの費用を予想しやすくなる坪単価や施工事例の紹介、間取りプランなどが詳しく閲覧できるので、資料請求の前に一定範囲でピンときたメーカーを絞り込めます。
パンフレットだけをくれる会社がある一方で、間取りのサンプル提案や施工の事例集、家づくりの心構えを教えてくれる小冊子のようなミニブックもセットに入れてくれる会社も見かけます。
ならびに、見積りサービスがウリのサイトであっても必要資料の一式が完全に揃えられるということではありません。メーカーによって扱う資料は違ってくるためです。
こうした具合に外向けに飾られた情報だけに目を奪われていては気付くことの出来ない実情を推測できるチャンスをくれることも資料請求という手段のおすすめポイントの一つなのは間違いありません。
知名度が高いハウスメーカーの取り扱いも枠が確保されていますが、ユニークなポイントとしては地域に密着した有名ではない工務店にも目を向けさせる資料請求サイトのサブ的な立ち位置と言えます。

ところがどの住宅メーカーのカタログでも、意外と明確な総費用や坪あたりの単価といった部分については言及されていない不明瞭なケースも日常茶飯事です。
貴重な時間を割いて要領よく家づくりのフローチャートを進めてゆくためにも、料金無料の家のカタログを手に入れることは、もはや言うまでもなくスタンダードという論法が成り立つでしょう。
家に送られてくる資料のよくあるパターンは、会社の姿勢や理念などが書かれた企業カタログや要所だけを抑えた家のPRが書かれている自社住宅のアピール用パンフレット、間取りのサンプル提案や施工実績紹介などの4種類が主流です。
家づくりの前準備に情報の入手をする上で欠かせないのが、一括資料請求サイト使用の合わせ技です。これだと思う登録業者の顧客向け資料が自宅にいながら手に入るため簡単に集められちゃいます。
カタログ・パンフレットや詳細説明用資料には参考写真やメーカーごとのメリットが掲載され、各メーカーブランドの竣工後のイメージやおおまかなメリット・デメリットを把握しやすくなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました