ネット上で情報収集するというのも出来るのですが…。

郵送で送られてくる資料のよくあるパターンは、会社全体のPRを目的とする企業カタログや要所だけを抑えた家の強みを打ち出す自社ブランド住宅のPR用パンフレット、間取りのイメージサンプルや自社物件の施工事例といった4種類がメインです。
ざっくりした見積りも算出してもらえるので、ざっくりした範囲の費用リソースや間取りプランを実際に見た上で綿密に検討したい方、自分の土地に新しく建てる計画で行きたい方にメリットが多いサイトです。
どちらの方法にせよそれなりの労力がだけに留まらず、まだ1社に決めるには早い検討段階にもかかわらず家への電話や訪問などの一歩踏み込んだセルスに追い詰められてしまうこともあります。
それでもやはり、計画をスタートさせた直後に手軽にヒントを得られる羅針盤として活かすような程度には充分に使えますので、その程度の認識でプラン作成の申し込みすればロスになりません。
家に希望する間取りや新居に求めるライフスタイルのイメージ説明、土地が分かる情報が過不足なく揃っているほど、希望に寄り添って納得のいく間取りプランの提案や見積りプランのプレゼンを作成してもらえます。

カタログなどの基本資料だけを選んで送る会社がある一方で、間取りアイデアのプラン集や施工物件の参考事例、家づくりの心構えを教えてくれるハウツー本のようなミニブックなどをチョイスに含める良心的なメーカーもあったりします。
ダイレクトに住宅展示場へ行った時も最初の営業スタッフがほぼ担当者で自動的に決められるのが一般的ですが、その場合でも後から申し出ることで別の担当者に変えてもらうリニューアル策も可能です。
こうしたサービスでまずはいったん理想的な間取りを準備しておけば、試したいメーカーそれぞれに間取りプランの概要を教えるムダな手間を省けます。
面白そうな住宅会社がサイトのリストに運よくあったら、その他の会社の有力候補と見比べつつ3社前後申し込みをかけるとスムーズになります。
同じ住宅会社でも担当者によってはサービス対応の質が変わってしまうものです。資料請求サイトは非対面で資料を入手出来る代償として、担当者はお任せになるのが玉に瑕ということになっているのです。

もう一つ、各会社の坪単価といった料金目安やそれまでの施工事例、間取りの考案サンプルなどが詳しく見られるので、資料請求の参考として指定範囲で選考に残したいメーカーを絞り込むことが出来ます。
「ライフルホームズ」の利用メリットとしては、価格帯や間取りのあれこれ、付帯設備などの機能、見た目のデザインで家づくりを任せたい登録メーカーを高い精度で検索出来るのが秀逸。
ネット検索は、一定程度家づくりの必要知識がある人には効果的な情報ソースとして活躍してくれますが、目的が曖昧なままではムダなキー操作の手間と貴重な時間を浪費してしまいます。
資料請求を終えた段階で実際に話を持ち込む相手業者を5社くらいに絞る必要が出てくるので、料金設定やデザインが気に入るかどうか、カスタマーサポートはどうかといった消去法的な考え方で絞り込んでやりましょう。
ネット上で情報収集するというのも出来るのですが、あまりに多い情報を持て余し、信用すべき情報がさっぱり、ということもユーザーの数だけ起こっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました