こちらも有名な「スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで…。

資料請求の次のステップで相談を検討する選考候補を5社程度に絞っておくよう選択する必要があるので、予算との整合性やデザインの得意や不得意、施主への気遣いといった消去法的なやり方でじっくり判断していきましょう。
ユーザーが望まないダイレクトなアプローチをしてくる業者は、利用者への配慮に欠ける営業を何とも思わない業者、と推測するための判断のポイントとして知識に加えておくのも消費者としてのたしなみです。
そして、掲載ハウスメーカーごとの予算の参考にしやすい坪単価や建てた家の施工事例、サンプルの間取り図などが閲覧可能なので、資料請求の効率を上げるためにおおよそのピンときたメーカーをふるいにかけられます。
そうした方のために、一括資料請求サイトごとに異なる強みやどんな結果を求める方に訴求力が強いのか、他社提供のサイトとの違いを交えて紹介しようと思います。
SUUMOなどでよく知られる資料請求を一括で出来るサイトは、多種多様な住宅関連企業のデータをフルセットでおまとめ請求可能なためお利口なネットサービスの白眉なのです。

WEB検索は、一定以上の家づくりの必要知識を仕入れてから使えば効果的な情報ソースとして使えるものですが、まったく手探りの状態では非建設的な労力と家づくりプランの貴重な時間を浪費することに他なりません。
資料を送ってもらうために申込者の氏名や住所の入力は必須ですが、営業用の電話番号やユーザー情報収集のため年収の記入を求められることがあり、入力しないでいると資料請求させないシステムなのです。
このサービスを上手く使えばかなり早い段階で費用を掴むことが出来てしまうので、予算をはみ出さないよう考えに入れて憂いなく依頼先のメーカーを選定することが出来るようになるのです。
しかし、そうウマい話ばかりとはいかず、資料請求サイトの利用者の多くは資料元の営業担当スタッフから電話でのセールスや戸別訪問による直接的な営業をされたという口コミを書いている人もネットの口コミサイトなどでぶっちゃける例が見られます。
そして、見積りサービスがウリのサイトとはいってもあらゆる資料が抜け目なく入手可能というのはまずありません。各会社で資料の種類は異なるためです。

とりわけ印象がよかったハウスメーカーを見つけたり、手応えを掴めそうなゲストイベントや実際の家の造りを見てみたい建築サンプル、展示場などが決っている方には使い勝手の良いベストサイトです。
希望者に送付される資料のよくあるパターンは、会社の経営体制などが書かれたメーカーカタログや簡素化された家のメリットを訴求する自社住宅のアピール用パンフレット、間取りイメージの参考例や物件ごとの施工事例などの4つが多く含まれます。
家づくりの助けになる一括資料請求サービスですが、ネット掲示板やブログなどの口コミで突然の電話や訪問セールスされたという愚痴も多く、本当に使っていいのか気がかりな人も後を絶ちません。
資料請求システム以外の使い道としては、個別のメーカーや工事業者へ相談を持ち掛けるするサービスもあり、メーカーのモデルハウスやより大規模な展示場の見学申し込みが出来る機能も用意されています。
こちらも有名な「スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで、想定費用や間取りプラン、スペック、デザインパターンなどで対象に含めたいハウスメーカーを集中してピンポイントで検索出来るのが特徴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました