タウンライフで資料の資料の申し込みをすると…。

家に求める間取りや思い描くライフスタイルといったイメージ、土地に関わる情報提供が充実しているほど、希望に寄り添って内容を満たす間取りや見積りの想定を期待出来るようになります。
逆らえないので入力すると、各社から売り込みの電話や自宅への訪問が来てしまう例もあります。統計で言えば、職人集団の工務店よりも営業に人手を割けるハウスメーカーの方が電話・訪問までしてくる率が高いという結果になります。
サイトの一括資料請求機能とこちらもサイト上の一括見積りだけではそれなりの内容に留まってしまうのは避けられないものの、有力なヒントがないうちは条件に合うハウスメーカーを絞り込めるお手軽ツールになり得ると言ってもいいでしょう。
通常家づくりは、採用候補のメーカーを3社程度に絞り込んで間取りの図面化、それから費用の見積りという進行パターンになり、前半を終えてやっと具体的な費用が見えるということです。
ハガキでの申し込みやFAXでカタログ資料は請求することが可能なので、余った時間でカタログをかき集めながら情報を集めておけば、要領よくハイリターンな情報を集められます。

どちらの方法にせよ手間を要するのみならず、検討段階であることとは無関係にセールス電話や住所訪問といった直接のアプローチでグイグイ来られてしまうのがデメリットになります。
家づくりを始める際、8割の人が住宅会社のカタログを住宅会社の選定の基準にしているというデータがあり、カタログを活用するやり方がもはや当然であるとも言えるでしょう。
カタログなどの基本資料だけを選んで送る会社がある一方で、間取りに関する参考資料や施工事例の紹介資料、家づくりのいろはが分かるハウツー本のようなミニブックをチョイスに含めるメーカーも少なくありません。
タウンライフで資料の資料の申し込みをすると、自分で考えておいた間取りプランのイメージをプロの手で図面に描き起こしてくれて、連動して見積りまで作成料ゼロで引き受けてもらえるありがたいサービスが用意されています。
資料請求の申し込み時、マイホーム大作戦のパートナーになる自分直属の担当者を指名して選ぶことは出来ないようになっています。資料請求を申し込んだ時にその人の担当者が決められる場合が多いからです。

かたや、WEB上で完結する一括資料請求はたった1回の入力で目に留まったメーカー資料をほぼオールインワンで手中に収めることが出来、さらに自宅の机の上で邪魔が入ることなく情報の取捨選択に専念できます。
それを見越して、一括資料請求サイトのそれぞれの目玉やどんな使い方をしたい方に訴求力が強いのか、他メーカーのサイトと比べながらご説明します。
いくつかのデザインパターンや間取りのノウハウ、各種設備といったマイホーム最適化のアイデアが満載な点も、カタログを請求するリターンは無限大です。
このサービスでひとまず理想の間取りを準備しておけば、試したいメーカー1社ずつに毎回間取りの要望をゼロから伝える非効率な時間をなくせます。
土地図面の提出は任意ですが、土地の条件によって出入り口や採光部、部屋の細かいレイアウトが変わってくるので、所有する土地や購入を検討中の土地がある人はその土地の図面や情報も添えて申し込むのが確実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました