しかし決して万能ではなく…。

こちらもよく名前が挙がる「持ち家計画」は、業界大手のライフルホームズやSUUMOなどに登録がない住宅会社や選び抜かれた工務店が少ないながらも分かりやすく掲載されているのが特色です。
しかし決して万能ではなく、どのハウスメーカーのカタログであっても、はっきりとした費用の案内や坪あたりの価格といった費用面については言及されていない不明確な事例も稀ではありません。
YahooやGoogleなどの情報検索は、最低限度の家づくりの知見を頭に入れておけば強力なツールになるものですが、意識して必要情報を求めなければほとんど無意味な操作コストと貴重な時間のリソースをドブに捨てるも同然。
間取りの希望や新居でのライフスタイルのイメージ、土地に関する情報が多いほど、希望に寄り添う安堵出来る間取りプランや見積りプランを期待出来るようになります。
資料請求で参考情報を集めるのが効率的な理由は、メーカーの展示場へ直接物欲しげに顔を出した時のような現地メーカーの営業トーク達人からのセールストークの雨あられを浴びせられずに済ませられることです。

前出のタウンライフ家づくり間取りサンプルや見積り提示を依頼出来る一方、他の一括資料請求サイトと比べるとメーカー数で見れば見劣りします。
「SUUMO」もライフルホームズと並んでおおよその価格や間取りのサンプルケース、ホームスペック、デザイン例などでヒットに含めたいハウスメーカーをフォーカスして検索をかけられるのが人気です。
資料請求を申し込んだ時、家づくりをサポートしてくれるサポーターになるメーカーの担当スタッフを好みや印象で選ぶことは出来ないので注意してください。資料請求した時点でその申込者の担当者が既に決まっているパターンが多いためです。
曖昧な希望でも間取りや見積もりは要求可能ですが、参考材料のボリュームに見合った完成度は避けられないので理想にかなう間取りのプランや見積りプランが出されにくいといった、モヤモヤした結果に終わってしまいます。
ナイスな一括資料請求サイトがある一方、レビューサイトなどの利用体験談で何度も電話のセールスや訪問セールスされたというケースが多く、本当に大丈夫なのか心中穏やかではない人も少なくありません。

資料請求サイトから資料請求する場合、各社で配属されている営業担当者の手で資料が郵送されるのですが、届く資料の内容の良し悪しは必ずしも横並びではありません。
サポート姿勢が丁寧なハウスメーカーでは、手書きの真心こもったメッセージレターをセットに含めるサービスもあるので、そうした姿勢でそのハウスメーカーの担当者の人間性や対応姿勢などを推理出来ます。
メーカーの住宅展示場へ行っても最初に当たった営業スタッフが担当者で高確率で決まるものですが、そうしたケースでも後から申し出れば担当者を変えてもらうようなことも出来ます。
かたや、ネット完結の一括資料請求はわずか1回の入力作業でチェックしたいメーカーの情報をまとめて入手可能。さらに自宅の机の上で余裕綽々で検討作業に専念できます。
家のポストに届けられる資料の一般的な内容は、企業概要を書き並べた宣伝用カタログやシンプルな家のメリット・ベネフィットなどを訴求する自社が有する住宅ブランドのパンフレット、間取りのサンプルや自社で手掛けた住宅の紹介などの4つが主に使われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました