そしてさらに…。

一般的には、感触の良さそうなメーカーを3社程度に絞り込んで間取りを作成、そして費用の見積り提示というフローになり、折り返し地点を過ぎてからようやく正確な費用コストが見える場面を迎えるのです。
候補に入る住宅会社がサイトに登録されていない時は、各メーカーの展示場に足を運んで間取りの参考プランや見積りといった判断材料を相談するしかありません。
情報収集の最初は、メーカーや施工会社などの資料を自宅である程度集めておいてから展示場へ行くと、予備情報のおかげでスムーズに交渉を仕掛けられるため覚えておきたいお得ワザです。
ダイレクトセールスをされたくない場合は、「電話・訪問など直接的な営業は希望しません」と明記して満を持して資料請求すれば、ただの資料請求だけよりも直接営業される件数は低くなるので覚えておいてください。
そしてさらに、見積りサービスがウリのサイトを使ったとしても資料のすべてが充分にコンプリート可能というのは無理です。メーカーごとに資料のバリエーションは違っています。

さらに加え、掲載ハウスメーカーごとの予算とすり合わせやすくなる坪単価や過去の施工事例、サンプルの間取り図などが詳しく閲覧できるので、資料請求の効率を上げるために多くなり過ぎない範囲で残したいメーカーをキープ出来ます。
さらに、サイトで作る仮サービスの間取りプランや費用見積もりが必ずしも保証されるわけではなく、その後で各メーカーでヒアリングを交えてより確実に煮詰めていく必要があります。
色々なルートでカタログなどを手に入れられれば、パターン豊富な視野を裏付けに家づくりの見識を広げる学びにつながるので、不手際をしてしまう危険が限りなくゼロに近づきます。
単純にカタログだけを送るところがある一方で、間取りプランの案内資料や施工事例のサンプル、家づくりのノウハウが分かる教科書っぽいオマケ本なども併せて送ってくれる会社もよくあります。
WEB上で情報収集するというのも出来ないことはありませんが、玉石混淆の情報量から、本当に正しい情報が判断出来ない、ということもそこらじゅうで発生してきました。

家づくりのファーストステップでWEB上の一括資料請求を利用したくない場合、メーカー開催の展示場へ直行、あるいは各社の公式ホームページ閲覧して資料請求の申し込みをするかを選ぶことになります。
サイトで出来る一括資料請求は人それぞれの印象が書かれているのは確かですが、全国にあるハウスうメーカーのアピールポイントを知る点においては重要でもあり便利な方法です。
カタログ・パンフレットやより詳しい内容の資料には現場写真やそのハウスメーカーのメリットが提示されており、そのメーカーの落成後のイメージやおおまかな利点を掴みやすくなっています。
上記のように虚飾の情報だけに捉われていては見えにくいメーカー担当者の姿勢を推し量れるところも資料請求に踏み切ることのおすすめポイントになります。
ですが、複数展開している資料請求を一括で出来るサイトのうちどういったサイトを利用すればよいのかどう判断すればいいのか分からないと思っている方も多くいるのが現実でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました