住宅雑誌に付いてくるカタログ請求用のハガキを使うのも効果的です…。

身銭を切って住宅情報誌をかき集めて情報集めをすることをせずとも、メーカーの個性が際立つカタログには水回りや冷暖房などの気になるお得情報が鮮明な写真と解説が添えられて載せられます。
大手ブランドの情報掲載もフォローしていますが、他と比べると細かいエリアの工務店にもマッチングチャンスを与える資料請求サイトの大穴なのです。
資料請求から既に対応が気になる、欲しい資料はもらえない業者に信頼が必要な家づくりのナビゲーターの頼もうとするのは、最善の判断とは言い切れません。
既に紹介した「タウンライフ家づくり」は間取りサンプルや費用見積もりを依頼する機能があるためか、他の一括資料請求サイトよりもメーカー数で見れば後塵を拝しています。
全くカタログを収集することなく家づくりを依頼する人はいないものです。そう言っても過言にはならないほどカタログでの下準備はマイホーム購入にとってつきものとして認識されています。

そうした方のために、一括資料請求サイトごとに異なるお役立ち機能やどんなメリットが欲しい方にハードルが低くなっているのか、他社提供のサイトとの違いを交えて紹介します。
このサービスを利用出来れば初期の段階で費用を把握することも可能なため、可能な予算を考慮に入れてリスクを抑えて相談先を選び出せるのが賜物です。
どんな条件で家づくりを実現させるかによって最終費用は大きく違ってきます。希望通りの住宅会社と夢のコラボを実現するためにも、カタログなど各種資料を申し込むほうがいいということをここで強調しておきます。
とは言え、資料請求サイトを使った人の多くは、請求先の営業担当者からサイトに登録した番号への電話や訪問による対面などの予想外なダイレクトセールスを受けたという利用者レビューを評価掲示板やスレッドなどで書いていたりするものです。
そうしたデメリットをわき目に、WEB上で完結する一括資料請求はわずか数分の入力操作で印象に残った会社の案内資料を必要最低限の内容で入手出来ます。しかも自宅の机の上で邪魔が入ることなくマイホーム計画を楽しめます。

各社の住宅展示場へ直接見学に訪れた場合も最初の営業スタッフがほぼ担当者で高確率で決まるのが普通ですが、そうした場合も後で申し出れば担当者を変えさせることも出来ます。
住宅雑誌に付いてくるカタログ請求用のハガキを使うのも効果的です。住宅誌付属のハガキは、家づくりの様々なテーマをベースに各メーカーにまとめてPR用カタログを申し込むことが出来るので便利です。
それに加え、ハウスメーカーそれぞれの一坪ごとの価格を示す坪単価や、建てた家の施工事例、見本の間取り図などがそれぞれ閲覧できるので、資料請求に踏み切る前に目安程度に選考に残したいメーカーをキープ出来ます。
間取りの理想や憧れるライフスタイルのイメージ要望、土地に関わる参考情報があればあるほど、希望通りで内容の良い間取り図の提案や見積りプランの提案を促すことが出来ます。
このやり方でまず一度理想の間取りプラン図面の形にしていれば、候補に上ったメーカーそれぞれに要望したい間取りを教えるムダな苦労をなくせます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました