サイト上の情報交換のみで間取りプランつくりの依頼や見積りプランを受け取れるのは無理なのでそこは理解するようにしてください…。

しかしそうした期待の裏で、どの住宅メーカーのカタログにしても、実ははっきりとした費用の説明や1坪あたりの単価といった費用面についてはほとんど紹介されないところも頻繁に見かけます。
家に送られてくる資料の主な内容は、会社の経営体制などが書かれた宣伝用カタログやおおよその家の強みを打ち出す自社住宅ブランドのパンフレット、間取りイメージの参考例や販売物件の施工事例といった4種類が主流です。
それを踏まえ、一括資料請求サイトの各々のイチ押しポイントやどんな条件の方にユーザビリティが良いと言えるのか、他社で運営されるサイトととは異なる利点なども交えてしっかり説明しちゃいます。
情報集めを資料請求サイトで行うのが効率的な理由は、現実世界の展示場へ赴いた時のようなそこにいる百戦錬磨の営業スタッフのセールストークの矢面に立たされずに済ませられるところです。
それを踏まえて今回は、一括資料請求あるいは見積りがあるサイトのありがちなデメリットや泣かされないで済む活かし方をドドーンと公開します。

紹介したサイトの中で「タウンライフ家づくり」は間取りサンプルや見積りプランを依頼するシステムがあるためか、他の資料請求サイトと比べて登録社数だけを見れば不利になります。
サイト上の情報交換のみで間取りプランつくりの依頼や見積りプランを受け取れるのは無理なのでそこは理解するようにしてください。
資料請求したユーザーへの対応が気になる、必要な資料をもらえない不親切なハウスメーカーに信頼が必要な家づくりのエスコート役を期待するのは、賢い選択のはずがありません。
電話や訪問といった直接的なアプローチを手あたり次第に行う業者は、モラルに欠ける営業姿勢、と推理するためのキーポイントとして頭に入れておくのも効果的な自己防衛策です、
地域ごとの高評価メーカーランキングなどの機能も用意されているので、こちらもライフルホームズと同じくまだメーカーの区別がついていないといったユーザーにユーザーライクな資料請求サイトです。

そしてもう一つ、サイトでもらえる間取り図や費用見積もりがその内容が保証されていないので、それを基に当該メーカーで直接打ち合わせながら確実なものにブラッシュアップする必要があります。
しかし、そうウマい話ばかりとはいかず、多くの資料請求サイト利用者は請求先の会社の営業担当者から電話セールスや戸別訪問の営業をされたという体験談を評価掲示板やスレッドなどで愚痴っていたりするものです。
ダイレクトセールスを回避したい場合、「電話・訪問など直接的な営業は希望しません」とノーを突き付けてから資料請求をすれば、ただの資料請求だけよりも直接アプローチが来るケースが限りなく低く抑えられます。
一括資料請求可能なサイトから資料請求した後は、各社の営業担当者のセンスで資料が郵送されてきますが、この時受け取れる資料の質やボリュームは同じとは限りません。
リターンの多い資料請求は多数の業者を対象にするのが優良業者の原石を掘り当てるコツですが、無造作に選択肢を多くする方向で考え過ぎると希望を叶えてくれそうな業者を見比べることが難しくなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました