資料請求サイトから資料請求した時…。

大切な時間を割いて効果的に夢の家づくりを進めてゆくためにも、元手ゼロでメーカー発行カタログを申し込むことは、言うまでもなく当然のことなのは間違いありません。
一括見積りサイトのサービスは家そのものの価格(1坪いくらの単価)に併せて、様々な支払わなければならない雑費用も含めた最終費用を確かめておくことが出来るのです。
この防衛策を実行して距離を置き、それでも無配慮に自宅への営業をしてくるハウスメーカーはユーザーよりも会社重視の姿勢なので、悪質認定するためのサンプルとして有効活用しましょう。
確かな知見を持つプロに間取り図作成を依頼すると家族の動線や余裕を持たせた収納スペースなど、生活を知り尽くしたプロの視点で優れた間取りの提案をプレゼンしてもらい、さらに確実なパーフェクトな間取り図が全貌を現すのです。
資料請求サイトから資料請求した時、メーカーごとに決められている営業担当者の手で資料が自宅に届くのですが、この時受け取れる資料の内容の良し悪しは担当者の個性が出ます。

これは仕方ない部分もあり、バリエーションが多種多様な敷地所在地の環境や建てる家の延べ床面積、付帯設備の種類や間取りの中身で坪単価の変動が大きいので、コスト面についてはカタログを眺めてみても分かりにくいでしょう。
さらには住宅会社の個性の違いで、提案してくるプランに加えて、家づくりにあたって実現可能な要求レベルや計画進行のモットーなどが大きく変わるという面白い現象を思い知らされます。
主な資料請求手段としては、直接住宅展示場に足を運んで担当者から手渡されるほかに各社が開設しているセールスサイトや、資料請求がまとめて出来るサイトを効果的に使うといった方法などがあります。
これを解決するために、資料請求の入力フォームで「~2000万円台」などなど、予算額でメーカーをリストアップ出来る機能があるサイトで資料の申し込みをするといいと思われます。
もう一つ覚えておきたいことは、サイトで作る間取り図や費用見積もりは保証されるものではなく、その後で各社で担当者と打ち合わせて確実なものに詰めていく必要があります。

希望する住宅ブランドのメーカーがサイトのリストに含まれている場合は、他の複数の有力候補と検討に入れて2~3社をターゲットに申し込みをかけると効率の良い情報収集が出来ます。
「ライフルホームズ」や「タウンライフ家づくり」などの数社ひとまとめに資料請求出来ちゃうサイトは、多種多様な住宅メーカーや施工業者の営業資料をオールインワンで請求出来ちゃうスグレモノなのでこれはもう欠かせないソレマルテクニックなのです。
前出の「タウンライフ家づくり」は間取りの参考プランや費用見積もりの作成を依頼するシステムがあるためか、他社の一括資料請求サイトよりも収録ハウスメーカーの数はやや劣ります。
メーカーの住宅展示場へ行った場合でも対応したスタッフが担当者でほぼ決まるシステムになっていますが、そうしたケースでも後でサポートなどに申し出れば担当者を別の人に変えてもらうビフォーアフターも可能です。
ハガキを直接送ったりFAXでも各メーカーのカタログは請求可能ですから、時間が空いた時にカタログを集めつつ情報を補完すると、手際よくハイリターンな情報を集められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました