参考用の間取り図や見積り費用をお願いするためには…。

ホームズ・スーモあたりと比較すると登録されているブランドのバリエーションは控え目ですが、そのふたつには登録されていない隠れた原石とも言えるメーカーや地域密着型の施行業者を草の根的に掲載しています。
穴場的なサイトとして知られる「持ち家計画」は、ライフルホームズや人気のスーモに登録が見られない会社や地元の身近な工務店が多数登録されているのが強みです。
間取りの希望や入居後のライフスタイルの形、土地に関する情報提供が充実しているほど、希望に寄り添って内容の良い間取りや見積りプランのプレゼンを作ってもらうことが出来ます。
インターネット経由の情報交換のみで間取りプランと費用見積もりの提案を依頼するのは無理なので無茶振りをしないように注意しましょう。
希望エリア内のハウスメーカー・住宅メーカーランキングなどのシステムも実装されているため、ここも同じくまだ相談したいメーカーの選別が済んでいないという利用者に親切な家づくり応援サイトです。

一括で資料請求可能なサイトには、全国エリアの住宅メーカーから街の身近な施工業者まで選び放題の関連会社の情報が網羅され、マイセンサーにピクン!ときた会社の資料を得られます。
それに加え、ハウスメーカーごとの予算の参考にしやすい坪単価やそれまでの施工事例、サンプルの間取り図などが重箱の隅をほじるかのように見られるので、資料請求の下準備として目安程度に選考に残したいメーカーを厳選出来ます。
家づくりのファーストステップでネットの一括資料請求を使わない場合、各メーカーが運営する展示用の施設へ行く、または各社の公式ページを探して資料をもらうかの選択になります。
ハウスメーカーが同じでも担当者が異なれば対応の良し悪しが変わってしまうものです。資料請求サイトはリモートで情報集めが可能のは便利ですが、担当者を選ぶシステムがないのはマイナスポイントになっています。
展示場へ見学に行った場合もメイン対応したスタッフが担当者で高確率で決まるものですが、そういったケースでも後から願い出ることで担当者を変更させる改善策が出来ます。

ところが、かなりの資料請求サイト利用者は請求先の会社の営業担当者からサイトに登録した番号への電話や自宅訪問などの希望しない直接営業をされたというユーザーレビューも口コミスレッドなどで書いていることもあります。
マイホーム計画を立てる人で自主考案の間取りをイメージ出来ている人も見られますが、実行に移して施工出来る間取りなのか、予算の枠に収まるのかなど不安要素もよくあるものです。
そして、見積り依頼できるサイトを使ったとしてもあらゆる資料が完全にフルコンプリート出来るというのはさすがに夢を見過ぎです。ハウスメーカーごとに資料のバリエーションは差があるからです。
参考用の間取り図や見積り費用をお願いするためには、明確な間取りと想定予算の内容を丁寧に伝える必要があるので手を抜かず足元を固めておきましょう。
そうした方に向けて、一括資料請求サイトそれぞれの独自の強みやどんな使い方をしたい方に訴求力が強いのか、他社提供の資料請求サイトととは異なる利点なども交えてレクチャーしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました