しかし気になる点もあり…。

前出のタウンライフ家づくり間取りサンプルや見積り提示をウリにする反面、他のサイトと比べると収録社数で言えば一歩及びません。
最低限度の時間で理にかなった家づくりの計画をこなすためにも、タダでメーカー提供カタログを糧にすることは、もはや言うまでもなく当然のことと言えます。
ハガキでの申し込みやFAXなどでもカタログは請求可能ですから、暇な時間でカタログを集めながら情報を集めておけば、効率的に高品質な情報を網羅することが出来ます。
シンプルにカタログだけをくれるところもあれば、間取りの参考プラン集や施工事例のサンプル、家づくりのあれこれを詰めこんだ教科書っぽい小冊子をサービスしてくれる良心的な会社も少なくありません。
資料請求を一括で行えるサイトはなんとなく見ているとメリットだけではないように思う人もいますが、正しい方法で使えれば案外快適な資料難民の味方なのです。

資料請求サービス以外にも、各住宅メーカーや業者へ直接相談を申し込むことが可能で、メーカーで展示しているモデルハウスや多くのモデルハウスが集まる展示場の見学の申し込み連絡が出来るシステムも用意されています。
このサービスを活用すればまだ余裕があるうちに費用を判断材料に加えることも可能になるため、予算の枠に収まるよう視野に入れて安全に委託先を選り好み出来るのがポイントす。
ぜひ使いたい一括資料請求サイトである一方、ネットで検索すると出てくる評価でテレフォンセールスや直接訪問をされたという事例が多く、プライバシーに充分配慮されているのか信用しきれないという人も一定数いるようです。
一括見積りサイト経由で見積りを依頼した場合申し込みを受注したメーカーの担当者から直接電話などの連絡が来るので、ダイレクトにやりとりしながら精度の高い見積りを作ってもらうといった流れになります。
初期の段階では、各メーカーや工務店業者の宣伝資料を自宅のインターネットで集めておいてから直接交渉の場に行くと、予備情報のおかげでスムーズに交渉に入れるようになるためきっちり押さえておくべきです。

WEB経由で情報を集めることも出来るのですが、雑多な情報に惑わされ、本当に正しい情報が分からずお手上げ、といったケースがかなり頻繁に発生しています。
しかし気になる点もあり、サイトから資料請求した人の中には、資料元の営業担当スタッフから自宅や携帯への電話や訪問による対面などの営業をされたという利用者レビューをユーザー掲示板などでぶっちゃける例が見られます。
丁重な企業だと、心がこもった手書きのレターを添えるところもあるので、そうしたポイントでその企業の担当者の人柄や対応姿勢を推理出来ます。
タウンライフ家づくりで資料の資料の申し込みをすると、自前で考案した間取りプランをプロがきちんと作ってくれて、想定される見積りまで作成料ゼロで提供してくれるありがたいサービスが使えます。
そして便利なのは、ハウスメーカーごとの一坪ごとの価格を示す坪単価や、施工事例の紹介、間取りのパターンなどがまとめて閲覧できるので、資料請求の前におおまかに印象に残るメーカーを選りすぐることが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました