メーカーの住宅展示場へ行ってみた場合でも最初に当たった営業スタッフが担当者で決定されることが一般的に行われていますが…。

ざっくりした見積りも併せて出してもらえるので、ざっくりした範囲の予想資金や色々な間取りプランを見てからゆっくり検討したい方、自分の土地にピッカピカの新築を建てる計画で行きたい方に救世主となるサイトです。
このサービスを活用すればかなり早い段階で費用を知ることも出来るようになるので、予算の枠に収まるよう考えながら憂いなく依頼先のメーカーを絞り込めるようになるのです。
さらに、一括見積り出来るサイトを利用しても資料一式が充分にコンプリート可能というわけではないのです。メーカーごとに資料の質や内容は異なるためです。
WEB上でリサーチももちろん可能ですが、あまりにも膨大な情報に惑わされ、信用すべき情報を判別出来ない、などということがそこらじゅうで起こり得るのです。
郵送される資料のよくある構成は、会社の概要が載っている紹介用カタログやシンプルな家のPRが書かれている家ブランド宣伝用のパンフレット、サンプル間取り図や施工事例集といった4つをよく見かけます。

ところがどっこい、サイト経由で資料請求した人の多数は資料元の担当者から電話セールスや自宅を訪れての営業行為をされたというユーザーレビューも評価掲示板やスレッドなどで愚痴るケースもあります。
今回はそうした不安を払拭するため、一括資料請求あるいは見積りシステムがあるサイトの注意点や心配無用の活かし方をプレゼントします。
メーカーの住宅展示場へ行ってみた場合でも最初に当たった営業スタッフが担当者で決定されることが一般的に行われていますが、そうした場合でも後でサポートなどに申し出れば担当者を別の人にしてもらうリセット技も可能です。
資料送付してもらうためにも本名や送付先住所の入力は必要ですが、営業のための電話番号や時々年収などの記入が必要なケースがあり、入力しないでいると資料請求の申し込みが出来ない仕組みです。
直接営業を回避したい場合、「電話・訪問はお断りします」などと近寄るなオーラを出しまくってから資料請求を申し込めば、注意書きをしないよりも望まない営業マンが来る可能性は低く出来るのでおすすめです。

一括資料請求サイトを利用して資料請求した後は、メーカーごとに決められている営業担当者のやり方で資料が送られることになりますが、ここでもらえる資料の内容には同一基準とは限りません。
お手本となる家のデザインや間取りパターン、設備の性能の違いなど家づくりのエッセンスになるアイデアが見放題な部分も、メーカーカタログの恩恵は大きいものです。
資料請求の手段としては、各社の住宅展示場に直接行って担当者から手渡されるほかに各社が開設している顧客向けの公式サイトや、資料請求がまとめて出来るサイトを効果的に使うといった選択肢があります。
郵送で提供される宣伝資料の中でとりわけ参考になってくれるものは、実際の受注ケースでそのブランドメーカーが建てて売った家を詳しく知ることが出来る施工サンプルの事例集です。
ホームズなどがよく知られる一括資料請求タイプのサイトは、全国に多数存在する関連企業のセールス資料をフルコースで請求出来るので大変便利な家づくりの最終兵器なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました