希望するメーカー候補がサイトのリストに含まれている場合は…。

家づくりに役立つ一括資料請求サイトが多い反面、ネット掲示板やブログなどの評判で予期しない電話営業や訪問営業されたというネガティヴ談も多く、気持ちよく使えるのか気がかりな人も多いです。
「SUUMO」あたりがよく知られる一括資料請求サービスがあるサイトは、バラエティに富んだ住宅メーカーや工務店のセールス資料を欲張り請求出来ちゃうのでIT文化の産物といったネットサービスの白眉なのです。
資料請求への対応に良くない点がある、資料を出し渋る不親切なハウスメーカーに本番となる家づくり計画の実現化を任せてしまうのは、不可避の選択ではないのです。
情報がまとまっていなくても間取り・見積もり提案は作成してもらえますが、情報量を反映させた完成度は避けられないので納得出来る間取り提案や見積りパターンの提案が出てきにくい、モヤモヤした結果に終わってしまいます。
こうしたケースでは、一括資料請求で売っているサイトの提供サービスでは着工の体制が整っているエリアに含まれるのかどうか請求の前に裏付けを取るのは出来ないためちょっとした注意が必要。

希望するメーカー候補がサイトのリストに含まれている場合は、それ以外の会社の申し込み候補も合わせて検討しながら2、3社ほど申し込みを出してみると効率は良くなります。
土地図面の提供は任意ですが、土地の周辺環境などで玄関や窓の向き、部屋の細かいレイアウトが大きく変わるため、すでに持っている土地や購入を検討中の土地がある場合にはその土地の図面なども添えて申し込むようにしましょう。
場数を踏んだプロに間取り図作成を依頼すると生活動線や余裕を持たせた収納など、緻密で大胆な確かな間取りの提案を出してもらい、さらに確かな最終形の間取り図が生み出されるのです。
あくまでもネットのやりとりになるパターンですから、直接顔を合わせて打ち合わせるやり方で間取りや見積もりの参考資料を依頼するよりは返ってくる提案が期待しにくくなるのはやむを得ないと言えるでしょう。
家づくりを検討する際、80%もの人が住宅メーカーのカタログをハウスメーカー選びの参考にしているデータもあるほど、カタログを収集する手法がもはや必須であるとも言えます。

とりわけ印象に残った住宅ブランドがあったり、参加してみたいオリジナルイベントや自分の目で確かめてみたい建物サンプル、展示場などがある場合には非常に役立つ有能サイトです。
資料請求する時、マイホーム計画の味方になってくれる自分直属の担当者を好みや印象で選ぶことは出来ないのが不安なところ。実は資料請求のタイミングで請求者を担当するスタッフが決まるのが一般的です。
そんな場合は、資料請求で「1000~2000万円台」などといった感じで、予算範囲で請求先メーカーをリストアップ出来るシステムがあるサイトから資料を申し込むといいと思われます。
求める間取りや新居に求めるライフスタイルのイメージ要望、土地が分かる情報が多ければ、希望に寄り添う安堵出来る間取りサンプルや見積りプランのプレゼンを促せます。
株式会社LIFULLが運営する「ライフルホームズ」は、おおまかな価格帯や間取りのデザイン、機能や性能、デザインのスタイルなどで夢を実現させてくれそうな相談先を効果的に検索出来るのが流石です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました