ダイレクト営業を望まない人は…。

インターネットだけでのやりとりに過ぎないのですから、ダイレクトに打ち合わせるやり方で間取りや見積もりの参考資料を作ってもらうより品質が落ちてしまうのは自然の成り行きです。
ですが、サイトで資料請求した人の多くは資料元の担当者から登録した番号への電話セールスや登録住所の家を訪ねて来ての予想外なダイレクトセールスを受けたというユーザーレビューも口コミスレッドなどで公開することがあります。
大手のホームズやスーモより取り扱う住宅ブランドの数については大きく水をあけられていますが、大手2サイトにはない住宅ブランドや地元ローカルの確かな工務店などを掲載しているのが特徴です。
こんな不安を解消するためには、資料請求の時「2000~3000万円台」などといった感じで、予算を設定してメーカーをサーチ可能なシステムがあるサイトで申し込むと望む結果につながるでしょう。
ユーザーフレンドリーな一括資料請求サービスですが、ネット掲示板やブログなどの評価でセールス電話やいきなりの自宅訪問を受けたという報告も多数あり、利用者に配慮されているのか疑念を抱く人も少なくないのが現状です。

これだと思う条件をポイポイとチェックリストに放り込んで検索開始し1社ごとにピンポイントな情報を厳選することはもちろん可能ですが、間口を広げて当たりを増やすべく請求可能なすべての会社をターゲットに資料請求バイキングを堪能しましょう。
サイト頼みの資料請求と見積りサイトだけに頼るのはそれなりの情報しか得られないのは当たり前ですが、まだ情報がないうちは希望通りのメーカーを絞りやすい強い味方たり得ると言っても差し支えありません。
そしてもう一つ、サイトで受けられる間取りサンプルや見積り費用が正確性が担保されていないため、その仕上げに各会社でヒアリングを受けながらより正確なものにリファインする必要があります。
資料請求した時、家づくり計画のサポーターであるメーカーの担当スタッフを自分の意思で選ぶことは出来ないシステムです。実は資料請求したタイミングで申込者の担当が決まるパターンが大半です。
最初の段階では、メーカーや建築会社の参考データを自宅のインターネットで集めてから直接交渉出来る施設に行けば、情報の下地があるぶんスムーズに交渉出来るメリットが生まれるので覚えておきたいテクニックです。

請求者情報入力画面のその他ご希望欄に「電話や対面によるダイレクトな営業はご遠慮いただけますようお願いします。」と書いておけば、良心のある請求先業者は営業無しで資料のみ送ってきてくれます。
ダーウィンシステム株式会社の「タウンライフ家づくり」は、住宅マイスターに希望に沿った間取りの計画を作成して見せてもらえるありがたいサービスが有用です。
ダイレクト営業を望まない人は、「自宅への電話・訪問営業はお断りしています」と断りを入れてから資料請求をかけると、何も書いていないよりはダイレクト営業される件数はかなり低めに出来るのでおすすめです。
住宅専門誌に付いているカタログ請求用のハガキを使うのもおすすめです。住宅誌付属のハガキは、家づくりプランのテーマごとに各メーカーに対し一気に住宅PRカタログを送らせることも可能です。
インターネット経由の入力事項だけで間取りプランや費用見積りを完結させるというのは無理なので法外な要求を突き付けないように気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました