カタログなどの基本資料だけをくれる会社がある一方で…。

掴みどころがない情報でも間取り・見積りは作ってくれますが、情報量を超えられない出来栄えを期待するしかないので納得できる間取り図の提案や見積り提案が不可能な、消化不良な結果になります。
テレビCMなどでおなじみの「SUUMO」もライフルホームズと並ぶ人気サイトで、おおよその価格ラインや間取りのパターン、物件の性能、デザインセンスなどでヒットに含めたいハウスメーカーを優先して検索実行出来るのが人気です。
カタログなどの基本資料だけをくれる会社がある一方で、間取りプランのプレゼン資料や施工物件の参考事例、家づくりのあれこれを詰めこんだ教科書のようなミニブックをパッケージングしてくれるハウスメーカーもよくあります。
ですが、多くの資料請求サイト利用者は請求先の営業担当者からサイトに登録した番号への電話や戸別訪問の予想外なダイレクトセールスを受けたという体験談をネット掲示板などでぶっちゃける例が見られます。
費用見積りの概算も併せて提示してもらえるので、おおよそのコストプランニングや間取りを参考にした上で綿密に検討したい方、手持ちの土地に新築でマイホームを建てる計画を進めたい方に崇拝されるサイトです。

家づくりに役立つ一括資料請求サイトである半面、ネット掲示板やブログなどの感想ではしつこいセールス電話や訪問セールスされたという事例が多く、安全に使えるのかよく分からないという人も少なくありません。
直接各社の展示場へ見学に行った時にも最初の担当者はほぼ決まってしまうのが普通ですが、そのパターンでも後でサポートなどに申し出れば担当者を別の人にしてもらうようなことも出来ます。
見積りサイトのサービスでは家そのものの価格(1坪あたりの単価)以外でも、様々な名目で家の新築にかかるコミコミの費用総額を確認することが出来るようになっています。
とりわけ印象がよかった住宅メーカーがあったり、楽しめそうな体験イベントや実際の家の造りを見てみたいサンプル物件、住宅展示場などが見当ついている方にとても便利なベストコンテンツです。
任せたい会社の見当が迷うばかりという方、建てて貰いたい家やだいたいのイメージがおぼろげに把握出来ている方には便利なサイトです。

通常、気になったメーカーを数社選定して間取りの図面化、その後で見積りという進行パターンになり、中盤に入ってようやく正確な費用コストを知る展開になります。
電話・訪問による営業を避けたい場合は、「自宅への電話・訪問営業はお断りしています」と予防策を打ってから防御を固めて資料請求すれば、何も書かないよりは直接営業される確率が少なめになるのでやってみましょう。
無名の住宅メーカーや職人集団でも、上手くいけば今これを読んでいるあなたの夢を現実にするような仕事をお客様第一主義でやってくれる住宅のコンシェルジュが、住宅業界の星空に輝いているかもしれません。
こういったケースでは、一括資料請求がウリのサイトでは施工に対応できるエリアなのかどうかあらかじめ当たりを付けるのは出来ないため頭に入れておくことが肝要。
一括資料請求のサイトサービスややはりサイト頼みの一括見積りではそこそこの内容しか得られないのは避けられないものの、有力なヒントがないうちは依頼するメーカーを絞り込むいい方法たり得る程度には使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました