展示場にせよ公式HPにせよそれなりの手間がかかる以外にも…。

もう一つ覚えておきたいことは、サイトで作る仮サービスの間取りプランや想定見積りは保証されるものではなく、その後直接依頼したメーカーで対面ヒアリングを受けながら確実に詰めていく必要があります。
なぜかというと注文を受けて造る家は敷地がある場所の環境や延べ床面積、付帯設備の種類や間取りの取り方で坪単価が変化するので、実際的な費用についてはカタログからでは分からないでしょう。
先に紹介した「タウンライフ家づくり」は間取りサンプルの制作や費用見積もりを依頼する機能があるためか、ライバルの資料請求サイトよりも掲載社数自体はやや劣ります。
この防衛策を実行して距離を置き、それにも関わらず忌み嫌うべき直接営業を無理にやってくる企業はそもそも何か重大な間違いを犯しているので悪質業者と推理するための勉強として活用して差し上げましょう。
電話・訪問による営業をされたくない場合は、「自宅への電話・訪問営業はお断りしています」などと近寄るなオーラを出しまくってからガードを固めて資料請求すれば、比較的に直接アプローチされるケースは低くなるので覚えておいてください。

これはと思う会社がサイトで見つからないという場合は、各メーカーの展示場の営業スタッフに間取りプランの提示や見積りなどの情報をもらえるよう依頼するという方法もあります。
それに加え資料請求サイトの収録業者の中には、家を建てて欲しいエリアでは施工不可能なメーカーや施工業者でも関係なく検索のヒット一覧に混ざり込んでいる業者もあります。
請求者情報の備考欄・その他の欄に「電話あるいは訪問といったダイレクトな営業行為は現時点では不要ですのでお控えください。」と明記しておくと、節操のあるメーカー資料請求担当者は要望を汲んで資料だけを送ってきてくれるのです。
しかし、そうウマい話ばかりとはいかず、資料請求サイトを使った人の多くは、資料元の営業担当スタッフから電話セールスや直接訪問の希望しない直接営業をされたという口コミなどの体験談を口コミスレッドなどで愚痴ることもあります。
展示場にせよ公式HPにせよそれなりの手間がかかる以外にも、おぼろげな検討の段階であることとは無関係に電話セールスや訪問など直接的な営業に追い詰められてしまうのがデメリットです。

一括資料請求サイトはユーザー次第でさまざまな感想を持ちやすいにしても、会社の情報を集めることを考える上では重要で効率的な方法です。
確かな知見を持つプロに間取り図を依頼すると動線を考慮したレイアウトや余裕を持たせた収納スペースなど、生活を知り尽くしたプロの視点で優れた間取りの提案を出してもらい、より実用性に優れる希望通りの間取り図が出来ます。
さらに会社の個体差により、費用や間取りといったプラン、ならびに家づくりに際して実現出来る注文や計画進行のパターンなどが全く違う実情を実感させられます。
初期の段階では、各住宅会社や施工業者などの先出し情報を自宅で集めておいてから住宅展示場へ行けば、予備情報を得ているぶんスムーズに話を呑み込めるためおすすめの交渉術です。
いくつかの資料請求のパターンとしては、住宅展示場に出向いて手渡しで受け取る他にメーカーが開設しているホームページや、資料請求おまとめサービスがあるサイトを有効利用するなどのテクニックがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました