ですが…。

ホームズやスーモに比べて情報掲載されているハウスベンダーのバリエーションは控え目ですが、大手有名サイトにはない隠れたハウスメーカーや地元ローカルの確かな工務店などを掲載しているのが特徴です。
高鳴る胸の鼓動を抑えてハートを撃ち抜かれそうな住宅メーカー資料請求を決行しても、その後非情にも申し訳なさそうな担当者から「ご希望のエリアでは施工できません」などと夢をリセットされる嬉しくないビフォーアフターも時折見られます。
顔の見えないネット経由のやりとりに収まる形なので、担当者と直接会って打ち合わせながら間取りや費用の参考提案を申し込むよりも提案の正確性が劣ってしまうのはやむを得ません。
気に入った好アピールのメーカーがサイトになかった際は、独自にリサーチした会社の住宅展示場に行って間取りプランの作成や見積りといったサポート情報をもらえるよう依頼するのがいいでしょう。
とは言えそれなりに、計画の初期のステップで手軽な情報収集のステップとして認識するといった程度には充分に使えますので、その程度の気持ちでプラン作成の申し込みするとがっかりせずに済みます。

資料請求者への反応が鈍い、欲しい資料が出てこない不親切なメーカーにその後の大事な家づくり計画の実現化を頼もうとするのは、最善の判断にはなり得ないのです。
プロによるオリジナルの間取り図とだいたいの費用プランを作るコンテンツがあるサイトはタウンライフにしかありません。予算計画や間取りを気にしたい家づくりのルーキーさんは四の五の言わずに有効活用してみてください。
大手有名メーカーの情報も枠が確保されていますが、他と比べて細かいエリアの地元営業の工務店にもクローズアップしている資料請求サイトの隠れた穴場と言えるでしょう。
ですが、サイト経由で資料請求した人の多数は請求先の営業担当者から自宅への電話や自宅訪問などの予想外なダイレクトセールスを受けたというユーザーレビューもレビューサイトなどで書いていたりするものです。
腹をくくって入力すると、各社の営業電話やセールス訪問されて慌てふためくことになります。統計で見れば、現場作業メインの工務店よりも営業部署の比率が高いハウスメーカーの方がダイレクト営業の確率は相対的に高いです。

そして、各登録メーカーの一坪いくらといった坪単価や主な施工事例、間取りのパターンなどがまとめて閲覧できるので、資料請求の効率化の手助けに一定範囲で選考に残したいメーカーをキープしておくことが出来ます。
サイト上の資料請求と見積りサイトではやや不完全になってしまうのは避けられませんが、まだ情報がないうちはメーカーをピックアップする頼れるツールになってくれると言ってもいいでしょう。
計画の手始めは、各メーカーや施工業者などのデータを自宅のインターネットで集めてから直接交渉の場に行くと、予備情報が入っているぶんスムーズに交渉出来るようになるためおすすめの交渉術です。
場数を踏んだプロに間取り図を頼むと動線を考えたレイアウトやゆったり収納など、プロの目線の高品質な間取りの提案をプレゼンされ、さらに確かなパーフェクトな間取り図が出来上がります。
電話・訪問による営業をしてほしくない人は、「電話や訪問による営業はお断りします」と意思表示して資料請求を申し込むと、比較的に直接営業が来る危険度が少なめに抑えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました